スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38個目のプラチナトロフィー

PS4『FALLOUT4』のトロフィー達成率が100%になった。

■プラチナトロフィー
FALLOUT4プラチナ
獲得率2.0%。ポイントを押さえれば簡単。これで総取得数2258個、レベルは17(5%)になった。

■感想
『FALLOUT3』『Fallout: New Vegas』に比べて良くなった点は「ほぼフリーズしない」「処理落ちもしない」というところだけ。

『FALLOUT3』で面白かった点はことごとく潰されているように感じた。これならフリーズしない『FALLOUT3』を売ってくれた方がよっぽど良かった。

■わるかったところ
『真 流行り神』でも似たような不満があったんだけど、会話が意図しない方に進みがちになるところはよくない。

『3』のように、会話パートの返答を全文表示して選択させてくれれば良いものを、肯定、否定、濁す、皮肉のようにニュアンスしか選択肢を出さない上に、的外れな翻訳を当ててある箇所が多すぎる。もうほとんど自分の意志で会話している気分にならない。

自由を感じるシーンが少ないのもよくない。

ポストアポカリプスな世界観で、いろいろな勢力、派閥がある中で生きていくというのが根本にあるのはいいんだけど、主人公はそれらに所属するもしないも自由、という存在であるべきだと思う。

もちろんそういうロールプレイもできるように想定しているつもりなんだろうけど、どうもただの使い走りをさせられているなあという雰囲気から脱け出せなかったと感じる。

■DLC
要らない!

■何点?
6点。遊べるけど、ちょっと合わないな、面白くないかなあ、ぐらい。ベセスダ系ソフト全般に言えるのは「フリーズしない」がプラス評価に数えられるってのは、結構マズいよという認識を持ってほしいということ。

ロイド兄ちゃん

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』大英雄戦 ロイド ルナティック。

記事タイトルはこの調子で行くと被ると思ったので兵種の羅列をやめる。メンバーはオリヴィエ、ホークアイ、ナーシェン、マークス。今回は動画もつけてみた。


■開幕~ボウナイト
ロイド進行Aロイド進行Bロイド戦ホークアイ

(1枚目)の位置で開戦。ホークアイがボウナイトに攻撃される。ターンが返ってきたら、ボウナイトをホークアイで攻撃。引き込んだ先でナーシェンが倒してターン終了(2枚目)。ナバール戦で何となく継承した引き込みが役に立って満足(3枚目)。

■アクスペガサス、ランスナイト、ロイド
ロイド進行Cロイド進行Dロイド戦マークス

敵ターン、アクスペガサスはマークスに攻撃して反撃で倒される。ランスナイトがホークアイに攻撃して、切り込みで場所が入れ替わるので、ナーシェンで倒しておく(4枚目)。空になった右下マスはブルーマージの射程外。ホークアイを避難させる。ロイドはマークスとオリヴィエの再行動で倒す(5枚目)。マークスは配布キャラのくせに妙に強い。獅子奮迅を切らしているのが惜しい(6枚目)。

■ブルーマージ
ロイド進行Eロイド進行Fロイド戦ナーシェン

残ったブルーマージは左側から進軍してくるので、ナーシェンがホークアイを引き戻して対応する(7枚目)。ギリギリまで引き付けたらコツンと殴って終了(8枚目)。飛行系に引き戻しは使いやすくて良い(9枚目)。

■スクリーンレコーダ
使い方がまだよくわかっていない。マイクで操作音やら呼吸音まで拾ってしまう。ゲームの音は入れて、外部の音は入れたくないんだけど、どうしたらいいんだろう。とりあえず今回は無音動画でいいか。

■ロイド
あんまりぱっと見では強そうでない。絵はちょっとイメージと違うかも。まあ慣れるでしょう。

秘毒シーフが本体

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の話題。

「大英雄戦ミッション 特殊:蒼鴉ウルスラ突破(蒼鴉ウルスラを自軍に入れて、大英雄戦・蒼鴉ウルスラ ルナティックをクリア)」の手順が固まったので、記事にしておく。

■メンバー(クリックで拡大)
ウルスラ戦ツバキウルスラ戦マークス

ツバキはシーフを無傷で相手に出来るので頼りになる。蛍火、魔防の紋章を外してもパターンに影響はない。
マークスは赤騎馬で攻撃奥義が使えて堅いという理由で採用。エリウッドだとイマイチ上手く行かなかった。
残りはニノとウルスラ。前回の記事と同じなので画像は省略。ウルスラからは聖印を外しています。

■開幕~ウルスラ
40ウル進行A40ウル進行B40ウル進行C

(1枚目)の配置で開戦。相手のターン、下のシーフがマークスに攻撃。ソードナイトがシーフを引き寄せ。ウルスラがニノに攻撃。反撃で倒せる。(2枚目)の状態でターンが返ってくる。マークスでアクスアーマーを攻撃。ニノをどけて、ツバキをマークスの横へ。(3枚目)の状態でターン終了。

■アクスアーマー、シーフ
40ウル進行D40ウル進行E40ウル進行F

相手のターン。シーフはアクスアーマーが邪魔でニノを攻撃できない。アクスアーマーと上のシーフがマークスに攻撃してくる。下のシーフはツバキに攻撃後、ソードナイトが引き寄せ。ここでターンが返ってくる。まずニノでアクスアーマーを(4枚目)、マークスは上のシーフを倒す(5枚目)。その後、ツバキが真下の壁を壊してターン終了(6枚目)。

■ソードナイト、シーフ
40ウル進行G40ウル進行H

相手のターン、シーフとソードナイトがツバキに攻撃してくるが、無傷でターンが返ってくる。ウルスラを初期位置から真下に移動させて、ソードナイトを倒す(7枚目)。ツバキはシーフに攻撃してターンを終了。敵のターン、一度だけウルスラにシーフが攻撃してくるが、ギリギリ1点残るのでセーフ。あとはウルスラを避難させて、ツバキでシーフを囲みから逃がさないように倒して終了。

■秘毒の暗器
がとてもつらい。大英雄戦でもこのステージが抜けて難しいと思う。先日の英雄祭でヘクトルを引けていれば、もうちょっとスムーズにいったかもね。まあ引けてないものはしょうがない。ニノはウルスラの一撃をしのいで返り討ちに出来て、アクスアーマーを倒せる魔導士なら差し替えられるはず(未検証)。

魔魔踊剣

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』大英雄戦 マークス ルナティック。

■メンバー(クリックで拡大)
マークス戦ニノマークス戦エイリークマークス戦ウルスラ

グルンブレード+で何とかするチーム。エイリークが獅子奮迅1なのはポイントが無かったので。ウチのチームは青色に乏しく、まともにマークスとやりあえるキャラクターがいなかった。ウルスラの仕事は一回だけブラーウルフをぶっ放したら終わり。ちなみに聖印を外してもパターンに影響はなかった。

■開幕~ソードファイター
マークス進行Bマークス進行Cマークス進行D

開幕は安全圏でエイリークに鼓舞、ジークリンデをかけてもらう(1枚目)。まず右のソードファイターからニノで倒しに行く(2枚目)のだが、エイリークからジークリンデ、速さの鼓舞だけでは2点残ってしまうので、即死させるにはもう一種類応援をかける必要がある。今回は守備の応援。ソードファイターを倒したらその場でターン終了(3枚目)。

■グリーンナイト、ランスファイター、マークス
マークス進行Eマークス進行Fマークス進行G

敵のターンにニノがグリーンナイトに攻撃されるが、反撃でそのまま倒してしまえる。ターンが返ってきたら、ニノでランスファイターを倒す(4枚目)。次にウルスラがマークスに攻撃(5枚目)。ここで安易にウルスラをオリヴィエで再行動させてマークスを倒してしまうと、シスターにニノが倒されてしまうので、エイリークを再行動で運んでマークスを倒させる(6枚目)。これでシスターの攻撃はウルスラにしか届かないので、次のターンにニノでシスターを倒して終了。

■今回は
めずらしく早い段階で正解にたどり着けた。やっぱりグルンブレードはヤバいなあ。

ナバールでござーる

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の話題。

「大英雄戦ミッション 特殊:紅の剣士ナバールを撃破(紅の剣士ナバールで、レベル40以上の紅の剣士ナバールを撃破)」の手順が固まったので、記事にしておく。

メンバーはツバキ、ナバール、オリヴィエ、カゲロウ。レアリティは☆4、レベル40。聖印はツバキがHP1、カゲロウに攻撃1、ナバールに速さ1。

■開幕
40ナバ進行A40ナバ進行B40ナバ進行C

画像の位置で待機して開戦(1枚目)。右のシーフをカゲロウの反撃で倒す。ターンが戻ってきたら、まずアクスファイターにカゲロウで攻撃(2枚目)。オリヴィエで再行動をかけて、下段に退避。ツバキだけを相手の攻撃範囲に残しておく(3枚目)。

■アクスファイターとシーフ
40ナバ進行E40ナバ進行F40ナバ進行G

ツバキが左のシーフの攻撃を受けたところでターンが返ってくる。まずナバールでシーフを攻撃し、カゲロウでとどめ(4枚目)。オリヴィエで再行動させて、アクスファイターもカゲロウで倒す(5枚目)。ナバールとツバキの位置を入れ替えてターン終了(6枚目)。

■ナバールとシスター
40ナバ進行H40ナバ進行I40ナバ進行J

ツバキがナバールに攻撃されたところでターンが返ってくるので、カゲロウ→ツバキ(ツバキ→カゲロウも可)→ナバールの順でナバールに攻撃する(7枚目)。あとは残ったシスターを倒すだけなのだが、聖印でHPを40まで増やしておかないと、ツバキ(魔防23、HP37)がシスターからの攻撃による6点で倒されてしまう。シスターの攻撃に耐えられれば、あとは適当に攻撃してクリアー(8、9枚目)。
■うーむ
ナバールがとにかく弱いので、レベル40に上げるだけでも大変。レベル40のナバールを、相手として確実に用意できそうなのが大英雄戦のみってのも痛い。しんどかった。
プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。