スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「見参」の「鬼ヶ島」退治

少し前からPS3の「龍が如く 見参」に手を付けている。

「龍が如く」シリーズは現代の東京が舞台なのだが、「見参」は江戸時代の京都が舞台になっている。その見た目がシリーズのイメージからかけ離れていた事や、友人からミニゲームの難易度が凶悪だという話を聞いていた事から、私はこれまで手を出していなかった。

実際にプレイしてみると、確かに最初の数時間は違和感があったが、慣れて来るに従って、これは「龍が如く」だ。と言い切れるようになってきた。しっかりと「らしさ」は残しつつ時代劇テイストのアレンジを施してあるといえる。その辺りは「Of The End」から受けた印象に似ている。

本筋は一通り終わったので、現在はクリア後特典の「京都漫遊」モード(ストーリー無視で自由に遊べるモード)で取りこぼした項目を一つずつ埋めているところだ。この状態になって一週間ほど経つが、まだ終わりが見えて来ない。「見参」は「3」「4」に比べてもボリュームがあるな、という事を実感している。

さて、私が現在取り組んでいるミニゲームに「闘技場」がある。「宝蔵院」が主催するイベントという形で、シリーズ恒例の「地下闘技場」を江戸時代に落としこんだものだ。闘技場の対戦者リストを埋める事が条件のサブストーリーもあるので、当然無視するわけにはいかない。

いくつか気が付いた事を書いていこう。

■「慙愧流 弾き斬り」と「二刀陰陽斬」
どちらもコマンドは「敵の攻撃が当たる寸前にL1でガードして、攻撃を弾き返すモーション中に△」。

成功しても、直後のカウンター部分のヒットは確定しない。弾き返した後の△追加はディレイがかけられる。

重要なのは、コマンド前半部分の「敵の攻撃が当たる寸前にL1でガード」は、「2」の「古牧流 弾き返し」と異なり、『「プレイヤーのやられモーション中にL1を押し続ける」と、やられモーションから復帰した所に攻撃が重なっていた場合、100%成功させられる』と言う事だ。よって、習得後はやられモーションの復帰時にL1押しっぱなしが安定行動になる。普通に弾き返すよりも断然簡単なので、頼りっぱなしになりそうな感じである。

もしかして、知らなかっただけで「2」の「古牧流 弾き返し」も同じ事が出来たのだろうか…??

■鬼ヶ島
記事のタイトルにもした。「鬼ヶ島」は、相撲系敵キャラクターの最上位にあたる。素手限定の「拳神位争奪闘技」で初遭遇する事になる。今作では素手状態の攻撃にバリエーションがあまり無いため、無策で対戦するとかなりきつい。

Wikiには…「体力が高く投げも無効、よろめかない強敵だ。□で攻撃しよう。もう一つの攻略法としては相手に背をむけて掴みを誘って○連打で返す。打撃が来たら×で回避。ニ刀なら中距離から△で攻撃しよう。」とある。

この通りに闘っても安定して勝つ事が出来なかったので、ここに私が用いたパターンを記す。後で見返したり、友人に教える時に活用したい。

まず、基本はR1を押してのロック移動。闘技場外周部を回りながら、鬼ヶ島との距離を一定に保つ。

近すぎると上手投げ?(投げ抜け不可)と、頭突き、張り手のいずれかが飛んでくる。これらは空振りを確認してから□を打ち込んでも間に合わない(強引に打ち込んでも、喰らいながらの上手投げでカウンターをもらう)ので、回避に専念する。

これらの攻撃の間合いから少し外にいると、突き飛ばし攻撃をしてくる。見た目には結構なリーチがありそうだが、発動時の自キャラの位置を狙っているのか、1歩でも下がると空振りさせられる。この空振りモーション(片足で3歩ほどケンケンする)に、□×3~5(□×3~□×2)を打ち込んでいく。

また、溜まったゲージは全て「祇園無手流 無手返し」に注ぎ込んでいく。ダウンが取れない&掴めないので、他に放出する場面が無いためだ。こまめに挑発していれば、一回分ぐらいはゲージを溜められると思う。

Wikiの攻略法は、「背面から掴まれた場合、全ての投げが投げ抜け可能になる」事を利用している。私は安定させられなかったが、上手く投げを誘発出来るのなら、こちらの方が速くクリアー出来るとは思う。

二刀で挑む場合は、Wikiの通り「ニ刀なら中距離から△で攻撃」にするよりも、「R1で構えて、動いたのを確認してから△」とする方が良い。上手投げ以外の攻撃全てに「二刀瞬斬」でカウンターが取れるので、慣れると相当速く倒す事が出来る。


「龍が如く 見参」にはトロフィーが無いので、いつやめてもいいや、と気楽に遊んでいる。もし、これが全要素コンプリートする頃になると、「プラチナトロフィー1個分損したな」となるのだろうか?まあそれも良しだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。