スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタルしたDVDの感想など

色々な事をまとまりなく書き散らかす事にしよう。

■ペーパー・パッセンジャー?
夏休みになると、夕方の帰宅時はともかく、朝昼は乗客のメインである学生が少なくなる。比較的空いているので、席に座る事の出来る確率が上がる。一方、普段見かけないような人達が旅行で乗って来ると言う事もあり得る。ペーパードライバーとかサンデードライバーみたいなものだろうか。中には、ローカルな各駅停車を特急か何かに勘違いしているような人もいたりする。駅のホームで電車が来ないと騒いだり、車掌さんに弁当や飲み物を要求したりという光景は珍しくない。あんまりよろしくないね。

■「天」の二人麻雀
福本伸行の麻雀漫画「天 天和通りの快男児」終盤のエピソードにおいて登場する特殊ルール。これをやると、いかに麻雀において「捨て牌読み」が適当なものであるかを実感できる。同じ著者の「賭博堕天録カイジ」に登場する「17歩」も同様。どちらも、実際にやってみると、案外盛り上がらないものだったりする。

■真夜中のカーボーイ
原題は「Midnight Cowboy」。1969年のアメリカ映画。いわゆる「アメリカン・ニューシネマ」。先日、DVDをレンタルして観た。フロリダ行きのバス中で、ジョン・ヴォイト演じる「ジョー」が一発逆転を諦めて、まっとうに働く決意をするが、ダスティン・ホフマン演じる相棒「ラッツォ」は隣の座席で死んでいた…というシーン。「ラッツォ」は「ジョー」の描いていた逆転、成功の夢や、「ジョー」自身の現状を象徴するキャラクターなのかな、と感じた。

■ジャーヘッド
原題は「Jarhead」。2005年のアメリカ映画。これもDVDをレンタルして観た。戦争もの映画は、「フルメタルジャケット」もそうだけど、メンタルをやられる描写が頻繁に描かれているような気がする。あまり関係ないのだが、戦争映画などでアサルトライフルやマシンガンを空に向けて連射する描写を良く見るが、上空に発射された銃弾はその後どうなるのだろうか。結構危ないんじゃあないかと思う。

観た映画の感想を書くのもたまにはいいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。