スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳経過報告・2

前回戦績を記事にしてからちょうど100戦が経過したので、また同じ形式で記事にしたい。
天鳳852戦目牌譜
緑色の画像をクリックすると牌譜が見れます。天鳳の牌譜保存期間終了後にどうぞ。

天鳳8/8Aパイフン8/8A
東1局3巡目 ドラ4s
白暗刻はあるものの、大した手でも無い上に下家が混一色気配だったので、57sを早めに落として受け気味に。その後親リーチがかかったので、完全に降りる。

天鳳8/8Bパイフン8/8B
東2局8巡目 ドラ2p
親なので真っ直ぐ進む。タンヤオまで見て雀頭を4sに切り替えた。2枚目の1pは結構危ないタイミングだった。画像の局面で追っかけリーチしなかったのは、場にpが高かったので。テンパイまでこぎつけた混一色からこぼれるのを狙った。7sを引いて完全に降りる。

天鳳8/8Cパイフン8/8C
東3局12巡目 ドラ7m 6s
新ドラや赤の援護で運良くドラ3に。

天鳳8/8Dパイフン8/8D
東4局7巡目 ドラ5p 裏ドラ 東
開始と同時に1mを三枚捨てる事に。この時点でもう降り気味に構える。下家のリーチが安かったためトップに。

この852戦目は完全に周りが自滅しただけの展開トップだった。

●752戦時点            ●852戦時点

790/1200三段         930/1600 四段
R1724              R1782

1着0.250             1着0.254
2着0.311             2着0.309
3着0.228             3着0.231
4着0.210             4着0.204

平均得点2.55          平均得点2.96
平均順位2.39          平均順位2.38
和了率0.235           和了率0.234
放銃率0.131           放銃率0.128
副露率0.331           副露率0.330
立直率0.200           立直率0.198
飛び率0.026           飛び率0.025


平均得点がこの100戦で大幅に上がったのが分かる。トップ率増加もこの影響だろう。放銃率については、100戦の間、意図的に固く打ったのでその影響が出た。値だけ見ると、大した事が無いように見えるが、実際は対局数がそれなりに大きい値になっているので、しばらく放銃しないぐらいでは放銃率はあまり変化しない。この変化はかなり放銃を抑えていると言える。

R1800までもう一息である。そろそろ特上卓で打ちたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

勝手にアドバイス
東1
白暗刻はあるものの、大した手でも無い上に下家が混一色気配だったので、57sを早めに落として受け気味に。
 受けぎみにする必要はない。なぜなら、4順目で2副露した時点でのテンパイ率は15%ぐらいしかないから。(科学する麻雀から)私なら早めのホンイツは事故だと思い諦める。守りすぎると上がり率も下がっちゃうのが麻雀の難しいところ。

東2
>画像の局面で追っかけリーチしなかったのは、場にpが高かったので。
 リーチすべき。
 上がりのうち40%は自摸上がり。(科学する麻雀から)一発が出る確率も意外と高い。平均で20%ぐらい。(私の調査)
 ダマにしても上がり率はそんなに上昇しないのでリーチして得点を上昇させたほうがよい。
(良形ダマ立直比較)
http://kmo2.cocolog-nifty.com/prog/2007/07/post_0f33.html
 リーチをいれて2はんカンチャン待ちでも親なら全つっぱしてよい。(科学する麻雀から)

鳴き率について
このままでいいみたい。この鳴き率で7段の人がいた。

特上は、なんか違うゲームだと思った。まるで別世界。とにかく上がれない。がんばってください。私は諦めて上級で打つことにしました。最近放銃率が1%も上がってしまった。(泣)

参考:科学する麻雀

Re: No title

アドバイスありがとうございます。
精神論やオカルト気味になりがちな麻雀の話題で、根拠付きのアドバイスは本当にありがたいです。

東一局、この瞬間の聴牌率15%ですか。それを聞いてもまだ普通に押す気になれないのが性格でしょうか。役牌2つで満貫、自分はドラ無し、親を蹴ってもらおう…とかそういう雑念が有るんですよね。

東二局、これは確かにリーチすべきでした。そもそも手変りも無いし。ちなみに、私が以前やっていた「MJ」の携帯連動サイトでのサービスによると、「一発」という役(つまりロン、ツモ区別なし)のアガリ率は全国平均が50%近くあったと思います。この数字は印象が強かったのでよく覚えています。

科学する麻雀、興味はあるんですがまだ読んでないんですよね。買ってみようかな。
プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。