スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察史編纂室にて

以前の記事】の補足。


樹形図とその見方
流行り神樹形図
第一話「コックリさん」のSelf Question「核心的な質問」についての分岐を図にしてみた。プレイ中に上段の選択肢を選ぶとどんどん上に、下段なら下に移行していくと考えて欲しい。

また、分岐の最終地点、つまり図の右端では赤枠と黄色枠の2種類で示してあるが、赤枠は【結論】、黄色枠は「考え直す」を表している。「考え直す」を選んだ場合は、図の左端(つまり分岐の一番最初)からSelf Questionをやり直すことになる。


パッと見で分かるように、「もしかして崎田美佐とコックリさんをしていたのは彼女たちか?」と「クラスメイト……もしかして崎田美佐とコックリさんをしていたのは彼女たちか?」からの分岐で得られる結論は全く同じ文面である。

さらに分岐の内容も一緒、分岐後のテキストもほぼ(全く?)一緒であるが、何とこれらは「別のテキスト」扱いになっている。

これが『流行り神』の既読率を埋める上で最もタチの悪いポイントだ。おそらく第零話「チェーンメール」で既読率96%から進められないという人達が引っ掛かっているのはここだろう。

周回を重ね、「考え直す」を多用しているうちに、「済」のハンコで選択肢が埋まってしまい、自分がどれを選んでどれを選んでないかということも分からなくなってくる。リンゴォ・ロードアゲインのいた果樹園地帯のようだ。

正直、メモを取らずに既読率を100%に出来る気がしない。かなり出来が良いだけに、こういう部分は少し残念である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。