スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Welcome to San Andreas

中古屋で、PS2『Grand Theft Auto: San Andreas(以下GTASA)』の『THE INTRODUCTION』を購入した。

GTASAイントロジャケット
お値段はなんと100円。

メインストーリーのプロローグとして、本編中に登場する各キャラクターの背景や、「サンアンドレアス州」の世界観を説明するムービーがおよそ20分ほど収録されている。

私はこれを『GTASA』国内版発売当時に、ゲームショップの店内モニターで観たような記憶がある。いわゆる「店頭販促用PV」というやつだろうか。もしかしたら、予約特典か何かで手に入るものだったのかもしれない。

GTASAイントロケン1
弁護士資格を剥奪され、途方に暮れるケン・ローゼンバーグ。

GTASAイントロケン2
Vice Cityでの相棒、トミー・ベルセッティにも縁を切られてしまいます。

本編中のミッションでは、それぞれのキャラクターについての説明が非常にあっさりとしたものだったと記憶している。おそらく、事前にこのディスクを観るか観ないかではキャラクターの関係についての理解度がかなり違ってくるだろう。

『GTASA』はとても面白かった。何と言ってもフィールドが1つの州全体なので、異常に広い。恐ろしい事に、PS2のスペックで情報量をカバーしきれていないぐらいだった。高速で車を走らせていると、地形データの読み込みが追い付かないという事態が頻繁に起こるのだ。

そういえば、『GTA5』もサンアンドレアス州が舞台という話だった。「VINEWOOD」の看板がPVに映っていたので間違いないだろう。「Las Venturas」のカジノはどうなっているのだろうな。

しかし個人的には、「Vice City」を舞台にしてPS3で1本作って欲しかったのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。