スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレビアンだよト・レ・ビ・ア・ン・!

先日、近くの床屋で散髪をした。

ただ家から近いというだけでそこのお店に決めている。私は髪を切られている時に話しかけられたくない方なので、ずっと黙っている。そこの店主とその奥さんは、私だけの時はそれを察してか黙っていてくれるのだが、特に店主の知り合いが客として店に来た時なんかはそうもいかなくなる。私の髪を切りつつ、別の客と雑談したりということはザラである。今触っている頭のほうに集中してくれよという感じもする。

私は床屋に行く前の晩、必ず志賀直哉の「剃刀」を読む事にしている。高校の現代文の授業で読んで以来ずっとである。なぜかと問われると答えに詰まってしまうのだが、とにかく読むことにしている。おかげで顔剃りの時の緊張感たるやすさまじいものがある。まぶたや首筋なんかに刃物が当たるだけで緊張する方なのだが、それが全く克服されないのもこの妙な習慣のせいではないかと思う。

最近「穴刀」というものの存在を知った。耳毛を剃る刃物で、耳の中に入れる剃刀の一種だそうだ。あまり穴刀を使ってくれる床屋は多くないそうで、県内にあるかどうかも怪しいが、一度体験してみたくもある。もちろんその時も「剃刀」を読んでから行く事にしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。