スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうちでMJ

■無料だしね
『セガNET麻雀 MJ』を始めることにした。

アーケード版では『セガネットワーク対戦麻雀MJ』が店内対戦オンリーだった頃から『セガネットワーク対戦麻雀MJ4』の末期までプレイしていたと思う。成績としてはA~Sリーグをウロウロしている「ヒラ十段」が、たまに幻球を拾って称号戦に遊びに行くこともあるかな、といった感じだったか。

■どんな感じ?
最近初段に昇格が決まった。ここからは段位を上げるための認定戦に際し対局ごとに「場代」を取られる。
これはFree対局の成績で得られる「MJチップ」か課金?して得られるGOLDで支払うかを選択できるらしい。

正直課金する気は全くないので、段位を上げるにはなかなか時間がかかりそうだ。

■面白い?
今のところはちょっと麻雀ゲームとしてはイマイチな感じだ。

まず、通信関係に不備があるのか、対局中、頻繁に処理が止まってしまう事がある。自分の切った牌に対し下家が「鳴き」選択をしている待ち時間かと思いきや、処理が再開した瞬間に対面、上家までが続け様に牌を切って瞬時に自分の切り番に戻される、という事はザラである。こういう基本的なシステムはキッチリしてほしい。

『MJ』最大の売り「実況」が無いのはちょっと寂しい。じゃあ既存の麻雀ゲームでいいじゃない、としか言えない。

BGMを切れないのもちょっと不便だ、そういえば身内対戦用の部屋を立てることも無理か。対局後に牌譜のチェックもできないぞ…と、不満点を挙げればきりがない。バージョンアップに期待したい。

■これよこれ
ゴッドハンド演出は何度見てもいいな。
MJゴッドハンド1
これはツモ上がり可能な牌を持ってくることが確定した瞬間を表現する演出である。オーラスの逆転条件を満たしたり、リーチ合戦に競り勝ったりといった場面で発生する。

MJゴッドハンド2
役満を作っている場合は聴牌できる牌を持ってきた時にも適用される。正直こういう演出は「おっ、次巡にツモ確定の予告か?」とも取れなくもないので、多少強気になっちゃう事もある。確か『MJ』では開始時に牌山を生成するという仕組みだったはずなので、特定のプレイヤーに対しツモ操作のアシスト(イカサマ)は無い…はず。

MJゴッドハンド3
ちなみに「アガリ」ボタンはアーケード版の筐体では音ゲーのボタンのような形状で「バシーン」とひっぱたくのがとても気持ちいい代物だった。やりすぎで配線が外れて「効かない」状態になってる事も…。それに気が付く=アガリを逃したor逃しそうになった、という状況のため、メンテナンスの信用できないお店で遊ぶのはリスクが高い。
スポンサーサイト

天鳳経過報告・13

天鳳の対局数が1952戦になったので、またリプレイを貼ろう。



天鳳1952分岐今回の見どころ。

1p3p4pが3枚見えたので聴牌を取りに行ったらエラい事に。

7sも下家にアタリと、麻雀漫画みたいなやられっぷりである。


■戦績推移
天鳳1952戦目までいかにもパッとしない戦績。負けが込んできましたといった感じである。


天鳳経過報告・12

Firefoxで起こる例の不具合がきっかけで離れていた「天鳳」を再開した。また100戦刻みで経過を綴っていこう。

まずはリプレイ動画から。



■戦績推移
天鳳1852戦目までリーチ率が減ったせいで平均得点が減少し、そのせいでトップ率も落ち込んだという感じだろうか。リーチが減ったので、追っかけられて競り負けての4位率も減少している…と思いきや、放銃率は変化なし。

要するに聴牌までの捨牌選択にミスが多かった100戦なのだろう。しかも非リーチ時からの放銃が多めと言う事にもなるので、キッチリ守りきることも出来なかったようだ。頭が痛くなるね。

実際、動画編集作業中に見ていてもアラの目立つ麻雀だったので、これを100戦も続けているようでは勝ちきれないのも無理は無い。反省しなければ。


不具合フェニックス

なんだかまた更新を止めてしまった。こういうのは習慣にしないと駄目だなあ。

オンライン麻雀『天鳳』の話。

ここしばらく『天鳳』で麻雀を打っていない。と言っても別段麻雀に飽きたとか、浮浪者みたいな身なりの男にコテンパンにされて麻雀が嫌になったとか、実家の中古車屋が忙しくなったとか、そういうわけでは全くない。『天鳳』とFirefoxの現行バージョン?のかみ合わせが悪いらしく、不具合が起きるのでイマイチやる気が出ないのだ。

確かに、Internet Explorerで始めてしまえば問題ないのだけれど、イチイチ立ち上げるのもちょっとなあ…と考えているうちに2カ月ぐらい経過してしまった。そろそろ不具合を修正してほしいところである。

ちなみにこの「不具合」がどういうものかというと、対局中に「意図せぬツモ切り」が低確率ながら発生するというものだ。実際に打ってみると分かるのだが、これは想像以上に大きいハンディキャップなので、元「むこうぶち」の山口さんは相当な腕前だったのだなあと実感させられた。

そういえば、実物の牌もしばらく握っていないなあ。あんまり雀荘に行くという気分になれないので、麻雀は必然的に友人同士で打つ事になるのだけれど、集まってみてもどうも最近はそういう流れにならないんだよね。『MJ』に復帰してみる…というのもさすがに無いな。もう初期カードから10段まで頑張れる気がしないや。年末の集まりに期待かな。

天鳳経過報告・11

1752戦目のリプレイ。



■戦績推移
天鳳1752戦目までだいぶ戦績が収束してきていると言った印象。

Rが順調に増加しているような気がするけれど、本当に伸びないのはここから。上級卓ではR1800オーバーの猛者とあまり遭遇しないためだ。地道にコツコツ上げて行くしかないだろうね。

プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。