スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

39個目のプラチナトロフィー

PS4『鉄拳7』のトロフィー達成率が100%になった。

■全てを取り戻す!
鉄拳7プラチナ
獲得率2.4%。簡単。これで総取得数2312個、レベルは17(23%)になった。

■難易度
適当にプラクティスでコンボ練習やら動作の確認やらを行っているだけで、ほとんどのトロフィーが解放されるのでとても簡単。現状、ランクマッチのマッチングがあまり具合がよろしくないようなので、オンライン対戦系のトロフィーはちょっと根気がいるかも。まあ、その日のうちにプラチナまで行けるような難易度でした。

■三島サーガ
一美とはどういう人物だったのか?とか、親子喧嘩に一応の決着がつく、というところが今作の売りだったと思うんだけど、正直この展開はどうかなあと思う。だいぶ想像とはかけ離れていた。

人間対デビルというのもストーリーの根幹にあるんだろうから、この展開を進めると最終的にはラースしか残らないんじゃないのって予感がする。鉄拳9ぐらいでいったん終わりなのかな。

しかし、豪鬼の設定っていったいどうなってるんだろうな。このひとウルヴァリンの過去にも関わってたりするんでしょう(MSH VS SF)。
スポンサーサイト

38個目のプラチナトロフィー

PS4『FALLOUT4』のトロフィー達成率が100%になった。

■プラチナトロフィー
FALLOUT4プラチナ
獲得率2.0%。ポイントを押さえれば簡単。これで総取得数2258個、レベルは17(5%)になった。

■感想
『FALLOUT3』『Fallout: New Vegas』に比べて良くなった点は「ほぼフリーズしない」「処理落ちもしない」というところだけ。

『FALLOUT3』で面白かった点はことごとく潰されているように感じた。これならフリーズしない『FALLOUT3』を売ってくれた方がよっぽど良かった。

■わるかったところ
『真 流行り神』でも似たような不満があったんだけど、会話が意図しない方に進みがちになるところはよくない。

『3』のように、会話パートの返答を全文表示して選択させてくれれば良いものを、肯定、否定、濁す、皮肉のようにニュアンスしか選択肢を出さない上に、的外れな翻訳を当ててある箇所が多すぎる。もうほとんど自分の意志で会話している気分にならない。

自由を感じるシーンが少ないのもよくない。

ポストアポカリプスな世界観で、いろいろな勢力、派閥がある中で生きていくというのが根本にあるのはいいんだけど、主人公はそれらに所属するもしないも自由、という存在であるべきだと思う。

もちろんそういうロールプレイもできるように想定しているつもりなんだろうけど、どうもただの使い走りをさせられているなあという雰囲気から脱け出せなかったと感じる。

■DLC
要らない!

■何点?
6点。遊べるけど、ちょっと合わないな、面白くないかなあ、ぐらい。ベセスダ系ソフト全般に言えるのは「フリーズしない」がプラス評価に数えられるってのは、結構マズいよという認識を持ってほしいということ。

37個目のプラチナトロフィー

PS4『龍が如く6 命の詩。』のトロフィー達成率が100%になった。

■龍が如く6 命の詩。
龍6プラチナ

獲得率3.6%。難易度自体は高くない。これで総取得数2167個、レベルは16(76%)になった。

■感想
いろいろとシステムごといじってきたけど、風味は損なっておらずなかなか楽しかった。ストーリーのまとめ方もなかなか上手いところに落としどころを見つけたなという感じ。このシステムで『極2』をプレイしたいなあ。

■カッコいいヒート(クリックで拡大)

アルティメットヒートモード中、振り向き□からの△
裏拳ヒート1裏拳ヒート2裏拳ヒート3

これはカッコいいと思う

■強敵
ミニゲームで一番しんどかったのはこれ。

ぷよぷよ達成目録

達成目録お題「ぷよぷよでライバルを全員倒す」

のライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

特定の連勝数以降でないと出現しないキャラクターがいる上、毎回対戦相手はランダムで選出されるので、運の要素が大きすぎるなあと感じた。

端の列を偶然の連鎖が起きるように期待して仕込む方法(カエル積みというらしい?)を進行させつつ、手元に2~3連鎖を作るように意識して、とにかく相手が大連鎖や全消しを成功させないように祈る、という方法でクリアーしたが、とにかくしんどかった。カエル積みにしても、完全に適当に積むのではなく、3個セットの組を適度に維持するのがポイントかもしれない。

36個目のプラチナトロフィー

PS4『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN(以下TPP)』のトロフィー達成率が100%になった。

■伝説
TPPプラチナ

獲得率1.2%。妙に時間がかかってしまったが、難易度自体は高くないはず。これで総取得数2014個、レベルは16(38%)になった。

■ヴェノム
TPP達成率

このひとは「ヴェノム・スネーク」さん。裸ではなかった。


『TPP』のストーリーは未完成だとかなんだとか、インタアネットさんにはよく言われているようである。

私の感想としては『MGS4』で完璧に風呂敷をたたみ、次の『MGSPW』で楽しい傭兵生活(?)を描き、予告編『MGSV GZ』で期待を膨らませるだけ膨らませておいて……とハードルを上げに上げたところで、なぜか変化球が飛んできたので困惑した、といったところ。未完成かどうかはわかりようがないが、そんなに言われるほどヒドクは無かったと思う。

このシリーズは昔から、画面の外のプレイヤーも巻込んで演出化するということを頻繁に行ってきたので、久しぶりに大ネタを仕込んで来たな、やるじゃん。ぐらいのとらえ方でいいんじゃあないかな。

でもやっぱり「アウターヘブン前夜」は一番おいしいパートだと思うので、キャンベルやらフランク、なんなら生身時代のウインドオブデストラクションぐらいまで、過去作に登場したキャラをバンバン投入した、シリーズファン向けの無難なストーリーを遊んでみたかったな、とも思う。

■PS4ってすごい
トロフィー埋め配信
share機能からTwitchを使って生配信したもの。トロフィー埋め最終盤の詰め作業に入っているところを垂れ流し。4時間超え。そこそこの画質のものが簡単にできるので、こりゃすごいなあと感心。

35個目のプラチナトロフィー

PS4『龍が如く 極』のトロフィー達成率が100%になった。

■極-KIWAMI-

龍極プラチナ


総プレイ人口?に対するプラチナ獲得者の割合が見られるのは面白い。

ちなみに『龍が如く』は3.3%、『2』は4.3%、『3』は1.2%、『4』は2.0%、『5』は1.2%、『0』は1.0%。
番外編は『OF THE END』が1.7%、『維新!』1.3%。
(※2016年5月5日22時36分現在)

単純に難易度で言うなら『3』が最難関だと思うけど、実際に取得率が低いのは『0』のようだ。『5』以降の超ボリューム路線が壁になっているのかもしれない。

■難関
今回のプラチナトロフィーで難易度が高いのは「おじさんを極めし物」「喧嘩の達人」だった。いつも通りと言えばいつも通りだ。

オトメタル950


950点はなかなかしんどかった。31回目のトライで達成。

難易度EX-HARDがシンドイのは、例のカーチェイスのせいだった。失敗すると中華街殴り込みからリトライなので、精神的にクル。

■つぎは
これでトロフィーは合計2006個、レベルは16(31%)になった。次はほったらかしにしている『MGS TPP』のプラチナを取りたい。
プロフィール

加賀棒茶

Author:加賀棒茶
緑茶や烏龍茶を飲みつつ麻雀やゲームに勤しむ筆者のブログ。

PS3やPSPで発売されたソフトを主にプレイしています。たまーにニコニコ動画に動画を投稿する事があったりするかもしれません。

動画見たよ!という方、ブログでも動画内でも構いませんので、コメント欄等に感想など頂けたら嬉しいです。

最新記事
ツイッター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。